かひ蝶舞

かひ蝶舞

て動作を確認

午後の定例ミィーティングが終わった後、和也と高志は会議室で打ち合わせをしていた。 前週に浩二と仕上げた仕様を、彼にプログラミングさせる為だった。 システム開発では、SEとプログラマに役割が大きく分かれている。SEがシステムを設計して仕様書を書く。その仕様書に従って、プログラマがプログラムを作成する。その作成したプログラムをSEが動かしする。それが、システム開発の流れだった美白療程 試做。 和也は眠たかったので、高志に適当に説明していた。そのとき、彼の眠気を覚ますように、ネクタイの下のペンダントから、また薄青い閃光が放たれて、隙間から漏れているのを彼は見た。高志は気がついていない。やはり、気のせいなのかと彼は考えた。 高志は不安だった。何故なら、和也の説明の殆どが、良く読んどけという程度で、あまり説明になっていない。特に、消費税の法改正については、もっと話を詳しく聞きたかった。それ故に、彼はその部分の処理について質問を始めていた。 そのとき、GⅠファンファーレの着メロが会議室中に突然響き渡った。和也は高志の質問を途中で止めて、会議室を出た。そして、電話を取った貓罐頭推薦。 「覚えていましたか。優希です」 「えっ、ああ、覚えている」  忘れかけていた優希の声を突然聞いた和也は、驚いていた。咄嗟に返事をするのが、精一杯だった。 「本当ですか。私を忘れないでいてくれて、嬉しい。また横浜に来ました。夜七時に、この前のホテルまで、迎えに来て下さいね」 「ヨッシャー、わかった」  和也は裕子との付き合いで、若い娘と出掛けることへの抵抗感が無くなっていた。それに、その前に会ったときに、その日のことを約束している。何よりも、あの日、車の中で眠っていた優希の姿に、彼は都会の娘に無い新鮮さを感じた。彼女のことが心の底で気になっていた。だから、裕子のことも、あまり早急に前に進む気にはなれなかった。  電話が終わると五時になっていた。そして、和也は会議室に戻った柏傲灣呎價