かひ蝶舞

かひ蝶舞

ラ人形を右手に持

いくつも、いくつも持っている。
ワラ人形に打つ五寸釘も。
呪いのワラ人形。
納得いかない想いは、はけ口を塞がれ、歪んで怨みに変わる。
いわゆる、怨念というもの。

人は誰でも思い通りにいかないことは、あるはず。
ひとつもない、と胸を張って言っている人がいるとしたら、超人ウルトラ人間で、普通の暮らしはしていないだろう。
超人としての地位を確立しているか、あるいは、とてつもなく嫌われているかのどちらかだ 話俾dermes知你最想投訴嘅部位係邊到?

一般的な普通の人は、達成できない充たされない想いを抱えていると思う。
「執念」という形に変わったり、頑張り克服するとか、自分とのやりとりで、調整するのだろうけれど、少し、さじ加減を間違えると、事件沙汰になったりする。

私は、事件にはならない。
消化も昇華もできないまま、悶々とワラ人形を打ち続ける。
そして反逆のチャンスを狙う。
その時が来るのをじっと待つ。

そうこうしているうちに、別件が発生したりして、ワちながら左手には大黒様(七福神でもいいけど)を抱えたり、幸せ色と混ざったりして、ワラ人形案件を処理していないまま、船は進む。

新しい大黒様と、パサパサになったワラ人形、そのうち、ワラ人形は乾燥して、解けて、ばらばらになってくる常感到腰部等位置被針刺或灼痛的感覺,需要尋找腰痛原因
大黒様も、大小あったり、ズッシリ重かったり、ひとつだけではなく、リスクヘッジも効く。

ワラ人形の結論を突き詰めないまま、日々、進行していくと、いつしかワラ人形が消えている。
しかし、パラパラと解けたワラが一本、二本と重なり集まると、新しいワラ人形になる。
一台一台、車が合体してパーツになって出来る巨大なロボ、トランスフォーマーのように。
日頃はバラバラなのだが、ある日、なにかのキッカケで、集結して怪物になる。

プラスとマイナス、幸せと不幸。
ちょっとした加減で、形が大きく変わる。
コントロールできない魔物になって、一人歩きする一旦精子質素差劣懷孕也可能小產。

その分、幸せの大黒様は、いくつあっても、コントロールできない魔物にはならない。
せいぜい、幸せすぎて退屈、みたいな贅沢な虚無感が生まれるぐらいか。